機能
文章入力



Ver 4.00 から少ないパネルも使えます。

ブリンクモードでは50音の一覧表を半分ずつ絞り込んでいくことで 文字を特定し入力していきます。できるだけ入力する文字を少なくするために独自の辞書をつくりました。例えば、「ボランティア」なら「ぼら」で変換すると一覧表に出て、そこから 選ぶことが出来ます。さらに単語の後に次に入力すると予想される助詞などを表示します。 ですから「今日は良い天気ですね!」と言う文章も気持ちよく入力していただけると思います。 


 


さらに、入力するたびに学習機能が働き、同じフレーズを入力するときは、さらに気持ちよく入力していただけると思います。
 このように本ソフトウェアを作るに当たっては1ボタンで入力するソフトにつきもののストレスをいかに少なくして、出来る限り気持ちよく入力できるようにする事に一番力を注ぎました。 そして開発した私たち自身でも「これなら、つかってもいいかも?」というレベルに達したと思います。



選択モード一覧
名称 入力装置 タイミング 説明
2分割ブリンクモード マウスか ジョイパッドボタン1個 画面を左右または上下に半分ずつブリンク(点滅)させながら、目的の文字等を選択する(絞り込む)方法です。
2分割非ブリンクモード マウスか ジョイパッドボタン1個 「ブリンクモード」とほぼ同じですが、画面の領域を選択する赤い枠が左右または上下と交互に自動点滅するのではなく、ボタンを押下する時間の長さによってどちらかを選んでいくモードです。自動点滅になかなかタイミングを合わせることが難しい人はお試し下さい。
1ボタンスキャンモード
  シンプルスキャン
  ブロックスキャン
  with ワントラップ
マウスか ジョイパッドボタン1個 シンプルスキャン
まず、横にカーソルが動き、決定すると、次に縦にカーソルが動き最終決定します。設定で逆にスキャンできるようニモできます。
ブロックスキャン
スキャンする行を3行など複数行にできます。そこで決定した後、その複数行の中で1行ずつスキャンします。
with ワントラップ
選択する枠が、左右及び上下に自動的に走査し、目的の文字の付近で速度を一時的に遅くさせ、動きが遅いうちに目的の文字を選ぶ方法です。なれると文字を一発で絞り込めるようになります。
マウス指定モード マウス(移動とクリック) 不要 マウスにより文字を直接カーソルで指定して入力できます。マウスが使える方ならこれで早く入力できます。マウスポインタで目的の文字を選ぶと、その文字が赤い枠で指定されますのでクリックするだけです。キーボードの苦手な方にも良いかも知れません
特殊マウスモード らくらくマウスや
ユーザー補助のテンキーでマウス
不要 マウス指定モードと同じですが、ふつうのマウスではうまく使えません。らくらくマウス2など、上下左右にマウスカーソルを動かす身障者用の機器で使います。上下左右に少しでも動かすと、1つカーソルが動きます。
2ボタン2分割モード マウスか ジョイパッドボタン2個か3個 少し 2分割モードを2つのボタンで選びます。右は右ボタン、左は左ボタンというように・・・。2分割ブリンクモードと違い、タイミングはあまり必要としません。
2ボタンスキャンモード マウスか ジョイパッドボタン2個か3個 少し スキャンモードを2ボタンで操作します。左ボタンで移動、右ボタンで決定です。スキャンモード with ワントラップと違いタイミングはあまり必要としません。
3ボタン自由カーソル マウスか ジョイパッドボタン3個 不要 3ボタンで自由にカーソルを動かします。左ボタンで横の移動、右ボタンで縦の移動、中ボタンで決定です。
ジョイスティックモード ジョイスティック、 ジョイパッド 不要 ジョイステックでカーソルの移動をし、ボタンで決定します。特殊マウスモードと同じく、少しでも動かすと、1つカーソルが動きます。
4分割モード マウスのボタン3個か
ジョイパッドボタン4個 
少し 画面を(左上、右上、左下、右下の4分割して、それぞれに対応した4つのボタンで選んでいきます。ブリンクモードの半分の操作で文字が選べます。タイミングはあまり必要としません。
9分割モード
9個のジョイパッドのボタン
少し 画面を(縦横それぞれ3つの9分割して、それぞれに対応した9つのボタンで選んでいきます。
9ボタン自由カーソル
9個のジョイパッドのボタン
少し
縦横斜めの8方向と決定の9ボタンで操作します。

Ver 4.0から、入力スイッチはマウスのボタンと同様に、ジョイパッドのボタンが利用できます。
ジョイパッドのボタンを利用すると、使用中にマウスカーソルが中央に固定されず、自由に使うことができます。
これまで通り、マウス、ジョイパッドの改造見本を有償でお送りします。
できマウス。という市販品もあります。


環境設定の情報はファイルに保存できます。そのファイルをダブルクリックするとその設定で起動できます。


メール機能

 これで作られた文章はe-mailとして送信できるようになっています。
もちろんe-meilの受信も出来ます。
jpgファイルが添付されている場合は、この画面で見ることができます。

ホームページ閲覧機能
HeartyLadderでホームページを見られます。
画面のクリックに独自の方法を使って、早く、確実に押せるようにしました。
フォームへの書き込みもばっちり!です。

印刷機能
これで作られた文章はプレビューを見ながら全体のバランスを調整して
印刷することが出来ます。

Windows操作
Windows操作で使うパネルの一部

 





ダイレクトマウス!
HeartyLadderの選択方法をフルに使ったマウスコントロール




   



その他
1. 入力した文章を音声で読み上げます。別途 Microsoft Agentが必要です。
2.スイッチを押せない人のために声などの音で入力が出来ます。
3.単語の登録が出来ます。
4.メールアドレスの登録が出来ます。
5.ラブレターなどを覗かれそうなときパッと隠すラブレターボタンがあります。
辞書について
   選択候補がなるべく少なくなるように利用すると思われる単語を選ばせてもらいました。
   人名1,4000.名詞5、0000、地名30,000、他・・・
   分担して一つ一つ手作業で単語の選定にあたったので偏りがあると思いますがそこは我慢してください。
   でもこの作業が一番大変でした。6人で約半年・・・。
   辞書に入っていない単語はATOKやMS-IMEなどのIME変換がVer 2から出来ますので、そちらをご利用下さい。