2021年9月アーカイブ

秒速5センチメートル

今回初めて自分と同じ名前が主人公の小説を読んだ。たまたま優輝が読んだ本があったので借りて読んだらそうだった。名前の字は1字違うが響きは同じだ。しかも恋愛もの。「タカキクン」と呼ばれるたびになんかそわそわして変な気分だった。しかも同じプログラマー。最後はハッピーエンドでなかったのが残念だったが、中学の時のエピソードは良かった。

ちなみにその本のタイトルは[秒速5センチメートル]新海誠さんのノベライズ本。

ボッチャ

今日はボッチャのこと。ボッチャにも連日はまっている。自分にそっくりな障害の選手が結構出ていて、妙な親近感がわく。それも彫りの深いイケメンの外人も障害が似ていて親近感がわくから、なんか妙な気分だ。そういうときは相手チームであってもつい応援してしまう。

それにしても、あんなおおきな大会で精密にボールをコントロールして投げれるのは本当にすごいと思う。私だったら、緊張で球が手から離れなさそう。きっとみんなすごい練習をして、そういうことを克服して臨んでいるんだろうな。後輩がリオに選手で出ていて、同窓会の時、合宿などの厳しさの話を聞いたが、想像以上のものだった。でも、もっと若かったらやってみたいなとも思う。今は時間もないけどね。

今日は夕方、ランプを使った人たちの決勝。見なくては!

ユニバーサルリレー

パラリンピック 今日のユニバーサル リレーが楽しみ。

療育メドレー、諫養メドレーを思い出す。

初めてでたのは小学校2年の時の歩行車の選手としてだった。あの頃はバトンのこともあったのでうまく握れるかずいぶん心配して、松葉杖の女の先輩にバトンが来たら何度も何度も、ちゃんと握らせてと頼んでいたのを思い出した。たすきの時やスタートの時は握る心配はないので楽だった。これからはきっと、タッチになるのかな?

このアーカイブについて

このページには、2021年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2021年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja